ショッピングカートを見る
▼ オススメ商品
▼ 売れ筋商品
▼ 商品検索

▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップ紹介

店長  副島より 
ご来店ありがとうございます! 《当店では取扱商品を業種ごとに分類し販売致しております。お安く、見やすく、わかりやすく工夫致しました。是非とも、くまなくご覧下さいませ》
▼ フリーページ
ホーム家紋と戦国グッズ武将ミニのぼり武将ミニのぼり「宇喜多秀家」
武将ミニのぼり「宇喜多秀家」
■ポールサイズH36.5cmx横棒長さ12.5cm
■旗本体サイズ約H27cmxW6cm ■旗素材:テトロン地 ■ポール:樹脂製 ■ポールはお客様組立商品
■シルク捺染仕上 ■実際の商品は多少色が異なる場合がございます。
※屋外用のぼり製作と同じ捺染法ですので、濡れても平気。
 屋外でもお使いいただけます。
※シルク印刷仕上ですので、ウラもバッチリ透けてます。
※ポールなしの旗だけのご注文もOK!オプションでお選び下さい。

◎武将メモ:宇喜多 秀家(うきた ひでいえ)は、安土桃山時代の武将・大名。豊臣政権下の五大老の一人。通称は「備前宰相」。大名家としての宇喜多氏最後の当主であり、備前岡山57万4,000石の大名。秀吉の寵愛を受けてその猶子となり、天正14年(1586年)には秀吉の養女(前田利家の娘)の豪姫を正室とする。このため、外様ではあるが、秀吉の一門衆としての扱いを受けることとなった。関ヶ原の後、宇喜多家は家康によって改易されたが、秀家は伊吹山中に逃れた後、変装して薩摩の島津義弘などを頼って落ち延び、牛根郷(現在の鹿児島県垂水市)に匿われた。

・ 型番
warbanner宇喜多秀家
・ 定価
1,400円(税込1,512円)
・ 販売価格
598円(税込646円)
・ 購入数
・ ポールの有無