ショッピングカートを見る
▼ オススメ商品
▼ 売れ筋商品
▼ 商品検索

▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップ紹介

店長  副島より 
ご来店ありがとうございます! 《当店では取扱商品を業種ごとに分類し販売致しております。お安く、見やすく、わかりやすく工夫致しました。是非とも、くまなくご覧下さいませ》
▼ フリーページ

■素材辞典(当店商品でよく使用している素材のご説明)

●板物系

・アルミ複合板(別名:アートパネル・アルポリなど

軽量、硬質で反りも少なく現在最もよく屋外広告に使われている板です。  発泡ポリエチレン樹脂を薄いアルミ板でサンド(挟み込み)して強度を出し、 軽量化をはかってます。 厚みは3mmが主流です。

・PP板(材質:ポリプロピレン

軽量で柔軟性に富み、曲面でも貼りつけできます。一般的に言われる 「プラスチック板」とは違い、割れにくく、カッターなどで容易にカットできます。 また、廃棄焼却しても有毒ガスは発しませんので、環境に良い素材でもあります。 当店では厚み1mmのものを主に使用しております。

・カラー鋼板(別名:トタン板・ブリキ板

昔からおなじみの素材です。薄いですが鉄ですのでそれなりの重さがあります。 しかし現在扱っているどの素材よりも堅牢です。また割れずに曲面にも貼り付 可能です。長期使用に一番向いていると言えます。

・ダンプラ(別名:プラダン・ダンプレート 

紙製ダンボールと同じ形状(断面が空洞)をしておりますが、 PP(ポリプロピレン製)の板です。よく工事現場や政党ポスター掲示板 などで使われているのを目にします。また耐久性もあります。 適度な厚みと硬さがあり、軽量である為、扱い易い素材といえます。

・アクリル・塩ビ板

一般的に「プラスチック板」といわれる素材です。ほとんどの方はアクリル板と 塩ビ板との違いはご存知ないかと思われます。双方とも屋外使用は可能ですが、 割れや高温には要注意です。アクリル板と塩ビ板との違いは双方とも加工面など では同様に扱えますが、塩ビ板の方が低価格です。ですが、その耐熱性・耐候性 ・透明度などはアクリル板の方が勝ります。

・その他の板物

ステンレス・アルミ・ベニヤ板・ABS・発泡PE板などでもお作りできます。

●軟質シート系

・ビニール(塩化ビニール製)

従来から知られている「ビニールシート」にあたります。布のように薄いですが伸縮性 があります。

・ターポリン(テント地)

PEなどの繊維を塩化ビニールシートでサンド(挟み込み)し、厚みと強度を出したもの。 テントや幕、建築現場の養生シートなどでよく使われています。多彩なカラーがあり、 カッターで切断できます。

・カッティングシート(別名:リタックシート・塩ビシート)

一般的にはステッカーやシールとして知れ渡っております。塩ビ製のビニールシート で裏面が接着できるようになっています。切文字加工したり、印刷を施したりして ステッカーや看板等を製作します。

・その他の軟質シート

PEシート・ユポ紙などでもお作りできます。

●繊維系

・テトロンポンジ(化繊生地)

ポリエステル100%の薄手生地。のぼり用素材として最もよく使われる生地です。

・トロピカル(化繊生地)

テトロンポンジと同様ポリエステル系ですが、ポンジよりやや厚めで耐久性があります。 主に幕等に使用されます。

・不織布(化繊生地)

ポリエステル繊維をそのまま織り込まないでシート状に加工したものです。袋やバッグ などにも使われ広く普及しています。伸縮性があまりなく、強度があります。

・金巾(綿生地)

まだポンジなどの化繊が普及する以前はこの生地がほとんどののぼりに使われてました。 綿100%ですので、コシと独特な風合いが出ます。

・キャラコ(綿生地)

薄い綿生地の目にのりを施すことによって強度と耐久性を付けたものです。これも化繊系の 不織布が普及する以前にはほとんどの立看板などに広く使われておりました。

・天竺(綿生地)

綿生地の中では最もポピュラーな生地です。上記「金巾」よりやや厚く、丈夫です。主に幟、 のれん、旗などに広く使われます。

・その他の繊維系生地

トロマット(化繊)・スエード(化繊)・9A(綿地)・カツラギ(綿地)などでもお作りできます。